金融業界の知っておくと役立つ知識 infocuore.info

金融業界の知っておくと役立つ知識


金融業界の知っておくと役立つ知識
トップ → 金融・保険

コンテンツ

サイトについて

役に立つ養老保険についてのミニ知識

生命保険といってもいろいろな種類があって、自分の加入している商品がいったいどういう種類のものか詳しく知っている人は半数もいるのかどうか怪しいものです。大まかにいえば、養老保険というものは、期間満了まで生存していても、死亡したり、高度障害になった時も保障金が支払われるといったもので、生死混合型の商品です。一般には亡くなった時も、高度障害になった時も、無事満期を迎えた時も支払われる金額は同額です。期間中は病気になって入院したり、手術を受けたりした時に給付金が下りる医療保障のついたものもあるので、計算すると支払った以上のお金が保障会社から下りてくることもあるので、養老はお得といえるでしょう。

金融機関における個人情報取り扱いについて

証券口座を開設する前に必ず確認しておきたいのが、各金融機関が掲げている『個人情報保護方針』です。店頭やホームページにも必ず掲示されている重要事項です。お客様から得た個人情報(氏名、住所、電話番号、本籍地、職業、年収、投資経験など)の利用目的を明示するとともに、関連法令を遵守し適切な保護、管理をすることを目的としています。これらの情報について適切な管理、取り扱いをしてもらうためには、わたしたちは変更内容をただちに関係金融機関に届け出る必要があります。自身の情報をきちんと取り扱うことが前提なのです。

金融と経済の関係性。貸し渋りと株の値動き

金融政策が経済に大きく影響するのは、未だ具体的な政策を実施していないにも関わらず、政府が政策を掲げるだけで株の大幅な値動きや円安への移行するのを見てもよくわかると思います。日本ではバブル景気が崩壊した後のことを失われた20年と呼ばれることがありますが不景気がこれほど長引いた一つの原因が、銀行による貸し渋りであると言われています。つまり、本来ならば力のある企業であるにも関わらず、銀行がお金を貸すことを極端に嫌ったため、お金を借りることができず新規事業の展開や事業継続に支障をきたし、業績の悪化や企業の倒産をもたらす原因となってしまったのです。このように経済はただ企業に力があれば良くなるのではなく、お金を管理する側、つまり金融に強く作用されてしまう場合がとても多く存在します。