インプラント治療でしかなせないもの infocuore.info

インプラント治療でしかなせないもの


インプラント治療でしかなせないもの
トップ生活 → インプラントで更に快適な治療を

コンテンツ

サイトについて

インプラントで広がる可能性

最先端のインプラント義歯というものをご存知でしょうか。先進医療に分類されるこの治療方法は、材料などの基本的な部分に関しては一般的なものと変わりはありません。通常「義歯」というと入れ歯のイメージが強いと思いますが、この場合に用いられる「義歯」は広義での「人口の歯」という意味で捉えられています。ではどういった違いがあるのか、という簡単な説明を行いましょう。

一般的なインプラントは審美的な意味合いも強く、入れ歯やブリッジでも対応できるけれど・・・という状態で自分の意志で選択したというのが主流です。これに対し「先進医療」に分類されるのは、入れ歯やブリッジでは咀嚼する力の回復が見込めないとされる場合や、顎の骨が何らかの理由で欠損してしまったという判断されるケースに限られます。

これに加えて、多くの承認施設においては生まれつきで顎の骨などに障害がみられるケースに関しても認めらることが多いようです。このように、認められるのは本人の責任ではないといわれる原因によるもので、不摂生などが原因の虫歯で歯を失った場合には「インプラント義歯しか治療方法がない」というパターンには当てはまる事はありません。